英語の基本文法の解説−be動詞 areを使う英文と否定文・疑問文    GQ105
 
【基礎英文法解説1】「 あなたは 〜 です。」 の文
 
 @ [ 私は 〜 です。] の [ です ]は [ am ]を使いましたが、
 
   [ あなたは 〜 です。]の [ です ]は [ are ] を使います。
 
 A [ あなたは ]は 英語では [ you ]を使います。(相手をさす 君、おまえ などもすべてyou)
 
 B [ あなたは 鈴木 健 です。]は英語では [ You are Ken Suzuki.]となります。
 
 C [ am,are ]をbe(ビー)動詞といい、[ ]のようなはたらきをします。
                       こうていぶん
 D [ 〜です。 〜する。] というような文を[ 肯定文 ]と言います。
 
 
【基礎英文法解説2】「 私は 〜 ではありません。」 の文
                               ひ ていぶん
 @ [ 私は 〜 ではありません。] のような意味を打ち消す文を[ 否定文 ]と言います。
 
 A be動詞 を使っている文を否定文にするときは be動詞の後に not を付けます。
 
 B [ 私は 鈴木 健 ではありません。]は英語では[ I am not Ken Suzuki.]となる。
 
 
【基礎英文法解説3】「 あなたは 〜 ですか。」 の文
 
 @ [ あなたは 〜 ですか。]と相手にものをたずねる文を疑問文と言い、文の後ろに[]をつけます。
 
 A [ be動詞 ]を使っている文を疑問文にするときは [ be動詞 ]を文の先頭に置きます。
 
 B [ あなたは 鈴木 健 ですか。]は英語では[ Are you Ken Suzuki? ]となります。
 
 C Bのような疑問文には[ yes や no ]を使って次のように答えます。
 
   [はい、私は 鈴木 健 です。] →             [ はい、そうです。]
   [Yes,I am Ken Suzuki.]の名前を省略して[ Yes,I am.]と答える。
 
   [いいえ、私は 鈴木 健 ではありません。→       [ いいえ、ちがいます。]
   [No,I am not Ken Suzuki.]を省略して[ No,I am not. ]と答える。
 
 
【問題1】次の日本語を英語にしなさい。
 @ 私は 田中由美 です。           A あなたは 田中由美 です。
 

 
【問題2】次の文を否定文にしなさい。また、それを日本語にしなさい。
 @ I am Taro Mori.       A You are Ken Suzuki.
 (否)

 (日)

【問題3】次の文を疑問文にして、Yes,Noの両方で答えなさい。
   You are Yumi Hayashi.
 
 

 
 
 
 
 




基礎からの英文法解説