基本英文法の解説−英語の未来を表す文2 will     BQ222
 
【基礎英文法解説】 未来表現2 will 
 
 1.[未来の文(〜するつもり)]は be going to 〜 の他に[ will + 動詞の原形 ] でも表せる。
 
 
    I am going to play tennis next Sunday. 私は 今度の日曜日にテニスをする予定です。
 
        ‖
 
    I  will   play tennis next Sunday. 私は 今度の日曜日にテニスをする予定です。
 
 
 2.[will は助動詞] なので[動詞の前に置く]また主語に関係なくいつも[後の動詞は原形]。
 
 
 3.[willの疑問文]は[willを文の前]におき、[答えるときも will]で答える。(canと同様)
 
   肯定文    He will go to Canada next month.  彼は 来月 カナダに行く予定です。
 
    ↓
   疑問文 Will he   go to Canada next month?  彼は 来月 カナダに行く予定ですか。
 
 
          Yes,he will.   No,he will not. (No,he won't )
 
 
 4.[ willの否定文 ]は[ willの後にnot ]をおく。
 
 
    I will   play tennis next Sunday.
 
                                   (するつもりはありません)
 
    I will not play tennis next Sunday. 私は 今度の日曜日にテニスをする予定はありません。
 
      (won't)
 
 5.will の文は単純な未来と、意志をともなった未来を表す場合の2通りがある。
 
   単純未来 I will be fourteen next year. 私は 来年 14歳になります。
 
   意志未来 I will play tennis with you.  私は あなたとテニスをするつもりです。
 
                               (テニスをする意志があります)
 
 6.will は未来のこと以外に[ 依頼や勧誘 ]の意味にも使われる。
 
   依頼(相手にたのむこと) Will you open the window?   窓を開けてくれませんか。
 
   勧誘(相手をさそうこと) Will you play tennis with us? 私たちとテニスをしませんか。
 
 
 7.will と be going to は、ほぼ同じ意味だが、be going to は比較的近い未来に使われる。
 will と be going toは使い分ける必要がある場合もあるが、とりあえずは、ほぼ同じと覚えましょう。
 
 
【問題】次の文について、後の問に答えなさい。
 
    She visits Kyoto every year.
 
 1.every year を next week にかえて未来のことを表す文にしなさい。(be going to を使って)
 

 2.every year を next week にかえて未来のことを表す文にしなさい。(be going to は使わないで)
 

 3.2の文を疑問文にしなさい。また、それに yes,no で答える文も書きなさい。
 

 5.2の文を否定文にしなさい。また、それを日本語にしなさい。
 

 
 
 
 
 
 




基礎からの英文法解説