基本英文法の解説−英語の未来表現1 be going to       BQ208
 
【基礎英文法解説】未来のことを表す文1 ( be going to )
 
 @ 未来のことを表すときは 動詞の前に [ be going to ]を置く。( このとき動詞は原形にする )
   (beは人称によってis,am,areにする)
 
 現在  He       plays tennis every Sunday. 彼は 毎週日曜日に テニスをします。 (習慣)
 
 未来  He is going to play tennis next Sunday.  彼は 次の日曜日に テニスをするつもりです。
 
                                            (未来)
 
 
 A 未来の文を疑問文にするときはbe(is,am,are)を文の先頭に置く
 
   肯定文   He is going to play tennis next Sunday.  彼は 次の日曜日に テニスをする予定。
   
   疑問文 Is he  going to play tennis next Sunday?  彼は 次の日曜日に テニスをする予定か。
 
 
           Yes,he is.     はい、する予定です。
 
           No,he is not.    いいえ、する予定ではありません。
 
 
 
 B 未来の文を否定文にするときはbe(is,am,are)の後にnotを置く
 
  肯定文  I am   going to play tennis next Sunday. 私は次の日曜日に テニスをする予定。
   
  否定文  I am not going to play tennis next Sunday. 私は次の日曜日に テニスをする予定はない。
 
 
 
【問題1】次の文を下の指示にしたがって、書きかえなさい。
 
 
     They play soccer every Sunday.
 
 @ every Sunday を next week にかえて未来のことを表す文にし、また それを日本語にしなさい。
 
 

 A @の文を疑問文にしなさい。また それにnoで答える文を書きなさい。
 
 

 B @の文を否定文にしなさい。また それを日本語にしなさい。
 
 

 
 
【問題2】次の文を下の指示にしたがって、書きかえなさい。
 
 
     She studies English every day.
 
 @ every day を next Sunday にかえて未来のことを表す文にし、また それを日本語にしなさい。
 
 

 A @の文を疑問文にしなさい。また それにyesで答える文を書きなさい。
 
 

 B @の文を否定文にしなさい。
 
 

 
 
 
 
 




基礎からの英文法解説