基本英文法の解説−英語の現在完了形継続の文 復習     BQ301
 
【基礎英文法解説1】 現在完了形 継続の文 (be動詞の肯定文)
 
 @ 「ずっと〜している。」 というように 過去から現在まで続いている動作や状態を表すときは
   動詞の部分を have+過去分詞 の形にする。
 
     私は 今 東京にいます。        I  am  in Tokyo now.
                          ↓
     私は 2年間(ずっと)東京にいます。  I have been in Tokyo for two years.
 
 A 動詞の部分を have+過去分詞 の形にした文を現在完了形の文という。
 
 B 主語が三人称単数のときは has+過去分詞 にする。
 
     彼女は 去年から(ずっと)東京にいます。  She has been in Tokyo since last year.
 
 C 動詞の過去分詞は 規則動詞は過去形と同じで、不規則動詞は過去形と形の変わるものがある。
           play → played → played   see → saw → seen
 
 D 現在完了形の継続の文にはfor〜(〜の間)やsince〜(〜以来、〜から今まで)がよく用いられる
     ( forは期間を表すときに用いて、sinceは ある時点から今までを表すときに用いる )
 
 
【基礎英文法解説2】 現在完了形の疑問文
 
  現在完了形の文を疑問文にするときはhave(has)を文の先頭に置き、答えるときもhaveで答える
 
     彼は 2年間(ずっと)東京にいます。   He has been in Tokyo for two years.
 
     彼は 2年間(ずっと)東京にいますか。  Has he been in Tokyo for two years?
 
      はい、(ずっと)います。     いいえ、(ずっとは)いません。  
      Yes,he has.         No,he has not.
 
 
 
【問題1】次の現在や過去の文に for three years をつけて、現在完了継続の文にしなさい。
     またそれを日本語になおしなさい。
 
 @ I was in New York last year.
 
 

 A He is in London now.
 
 

 B They were in Osaka last month.
 
 

 
 
【問題2】次の現在完了の文を疑問文にしなさい。また、それに(  )内の語で答えなさい。
 
 @ Kumi has been in Osaka since last month. ( yes )
 
 

 A They have been in London for three years. ( no )
 
 

 
 
 
 
 
 




基礎からの英文法解説