基本英文法の解説−疑問詞+to 〜 の英文と付加疑問文       BQ310
 
【基礎英文法解説1】第2目的語に[ 疑問詞+不定詞 ]がある場合
 
 @ [ 疑問詞 + 不定詞 〜 ] はセットで名詞の働きをして、動詞の目的語になる。
 
     I know it.           私は それを 知っています。
        ↓
     I know how to use the machine. 私は その機械の使い方を 知っています。
        (このかたまりで目的語)
 
     疑問詞 → ( how,what,when,where )など    不定詞 → ( to + 動詞の原形 )
           how=どのように, what=何(を), when=いつ, where=どこで(に)
 
 
 A 動詞には[]だけでなく、[]がつく動詞もあり、[]と[]がついた文をSVOOの文と言う。
 
     〜 show A B. →  〜は Aに Bを 見せる。(教える)
 
 
 B [ 疑問詞 + 不定詞 〜 ] はセットで、SVOの文の第2目的語にもなる。
 
    She showed me how to make a cake. → 彼女は ケーキの作り方 教えてくれました
    S        
 
 
【基礎英文法解説2】 付加疑問文  
 
 ● 文の後に[,動詞の否定形+主語の代名詞]が付いた文を付加疑問文と言い、 [〜ですね?]と
   念を押したり、相手に同意を求めたりするときに使う。(後の動詞は前の動詞に合わせる)
 
     肯定文   This is your book.       これは あなたの本です。
 
     疑問文   Is this your book?       これは あなたの本ですか。
 
     付加疑問文 This is your book,isn't it?  これは あなたの本ですね?
 
 
 
【問題】次の日本語の意味になるように、(   )に適する語を書き、文を完成しなさい。
 
  [ how,his,her,is,are,to,not,study,buy,use,name,a,ticket,the,camera,English ]
 
 @ 私は 彼女の名前を知りませんでした。
 
   I didn't know (                  ).

 A 私は 切符の買い方を知りませんでした。
 
   I didn't know (                  ).

 B 彼は 私に 彼のカメラを見せました。
 
   He showed me (                   ).

 C 彼は 私に そのカメラの使い方を教えました。
 
   He showed me (                   ).

 D 彼女は マサオに英語の勉強の仕方を教えました。
 
   She taught Masao (                 ).

 E あなたは 学生ですよね。           彼女は 学生ですよね。
 
   You are a student,(      ) you?   She is a student,(      ) she?

 
 
 
 
 
 




基礎からの英文法解説