基本英文法の解説−英語の連語     BQ303
 
【基礎英文法解説1】 連 語
 
 @ 連語とは 2つ以上の単語の組み合わせで1つの意味を表す語
 
 A 助動詞canにはほぼ同じ意味の連語 be able to がある。 (疑問文にするときはbeを文頭に置く)
 
    私は ギターを弾くことができる。           彼は ギターを弾くことができますか。
    1. He   can  play the guitar.        Can he play the guitar?
          ↓           1と2は同じ意味
    2. He is able to play the guitar.        Is he able to play the guitar?
 
 
 B be able to のbeは主語の人称によって使い分ける。 ( I→am,三単現→is,youと複数→are )
 
 
 C 助動詞と同じ意味の働きをする連語は 助動詞と同じ位置に置く → 動詞の前に置く
 
 
【解説2】その他の助動詞とほぼ同じ意味の連語 (この連語は助動詞とセットで覚えること)
 
 @ will = be going to → 〜するつもり、〜する予定
     ( be は人称によって使い分ける I→am,三単現→is, youと複数→are )
 
     私は 明日 テニスをするつもりです。(する予定です)
     I   will  play tennis tomorrow.
     I am going to play tennis tomorrow.
 
 
 A must = have to → 〜しなければならない (主語が三人称単数で現在の文のときは has to )
 
     あなたは お母さんを手伝わなくてはなりません。
     You  must help your mother.
     You have to help your mother.
 
 
【基礎英文法解説3】その他の重要連語 → want to = would like to [ 〜したい(ものです)]
 
     私は テニスがしたい。
     I  want to  play tennis.
     I would like to play tennis.
 
 
【問題】次の2つの文がほぼ同じ意味になるように(  )に適する語を入れなさい。
 
 @ She can play the piano.
 
   She (      )(      )(     ) play the piano.

 A I have to do my homework.
 
   I (     ) do my homework.

 B They will play soccer next Sunday.
 
   They (     )(      )(     ) play soccer next Sunday.

 C Can you speak English?
 
  (     ) you (     )(     ) speak English?

 
 
 
 




基礎からの英文法解説